前日の準備②掃除の仕方

引越しで退去する際に掃除をきちんと行わなければ、修理費や修繕費が差し引かれ、敷金の返還金額が減ってしまうなんて話を聞いたことがあるが……。実際のところはどうなのだろうか。引越し会社の「SGムービング」に話を聞いてみた。

「ハウスクリーニングの必要性や敷金返還に関しては、入居者と管理会社のやり取りになるので、引越し会社が『退去前の掃除は絶対に必要です!』みたいなことは言えません。しかし、次に入居する人が気持ち良く新生活を始められるように、きれいに掃除しておくのは良いことです。行っておいて損はないと思いますよ」

引越し会社はあくまで荷物の搬出・搬入がメインの仕事。退去した部屋をその場で掃除するようなサービスは、特に行っていないようだ。しかし、なかにはオプションで対応してくれる会社もある。

「退去の際、不要になった家具や家電が出る場合があるかと思います。その時は、引越し会社がリサイクル業者や回収業者を紹介することができます。見積もりの際に言っていただければ、どのくらいの金額なのか提示することも可能。引越し会社がご協力できるのは、基本的にはそこまでですね」

退去前の掃除と敷金返還に関しては、あらかじめ管理会社に確認しておくと良いだろう。

そもそも敷金は、入居時に貸主に預ける保証金のようなもので、家賃を滞納したときなどはここから賃料が差し引かれる。原則として敷金は、退去時に入居者に返還されるお金だ。しかし、半分以上戻ってこなかったり、さらには追加で請求されてしまったりなんて経験をした人もいるだろう。

入居者は契約時に「原状回復」が義務付けられている。これを聞いて「入居前の部屋に戻さなければならない」と思うかもしれないが、普通に生活をしていて発生した汚れや傷などの原状回復は原則として貸主の負担となる。ただし、それ以外で入居者の不注意や過失で生じた汚れや破損などの原状回復にかかる費用は入居者が負担しなければならない。

このボーダーラインが曖昧なため、トラブルが生じやすいのだ。参考までに東京都が作成した「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン」で、貸主負担と入居者負担となるケースの具体例を見てみよう。

●壁
貸主負担:クロスの変色(日照などの自然現象によるもの)
入居者負担:結露を放置したことで拡大したカビ、シミの除去(手入れ不足で腐食させたもの)

●床
貸主負担:家具の設置による床・カーペットのへこみ、設置跡
入居者負担:フローリングの色落ち(入居人の不注意で雨が吹き込んだことによるもの)

●浴室
貸主負担:古くなった給湯器の交換(壊れてはいないが、次の入居者確保のために行う場合)
入居者負担:浴槽の水垢、カビの除去(入居人が手入れを怠った結果生じた汚損の場合)

●キッチン
貸主負担:冷蔵庫の後部壁面の黒ずみ(通常使用による電気ヤケの場合)
入居者負担:使用後の手入れが悪く、ススや油が付着しているガスコンロ置き場、換気扇

つまり、「入居者による明らかな過失や故意による故障、傷」などでなければ、原状回復にかかる費用は入居者が負担しなくてもいいということが分かる。このことを踏まえると、退去前にきちんと掃除をしておけば、法的には敷金の多くは返ってくるはずだ。但し、入居時の契約内容にもよるので、契約内容を確認の上、気になることは貸主に事前に相談しておくといいだろう。

退去前の掃除が敷金返還額に影響するなら、しっかりと掃除を行っておかない手はない。ポイントを以下にまとめたので、チェックしていこう。

●床・畳
フローリングの場合は、まず溝に沿って掃除機をかけ、拭き掃除を行う。その際、固くしぼった雑巾で拭くのがポイントだ。絞り方があまく、床が湿ってしまった場合は、乾いた布で水分をしっかり拭き取る。そうしないと、濡れた箇所に新たなホコリが溜まってしまう。

畳の場合もフローリングと同じ要領で、畳の目に沿って掃除機でホコリを吸い取る。その後、熱めのお湯で絞った雑巾で拭き掃除を行う。湯を使うことで、畳に付着している油分を溶かしてきれいに仕上がる。

●窓ガラス
水で濡らした新聞紙で拭くと、新聞紙のインクが手垢やタバコのヤニを落としてくれる。落ちにくい汚れの場合は、窓拭き用のクレンザーなどを使うときれいになる。ただし、擦りすぎて傷がつかないよう気をつけよう。

●壁・天井
壁と天井の掃除は、素材によく注意して掃除しよう。一般的に使用されているビニールクロスであれば、掃除機でホコリを吸い取るのが先決。その後、家庭用中性洗剤を5%程度に薄めた水で雑巾を固く絞り、叩くように拭いていく。壁紙の素材によっては、変色や破損してしまう場合があるので、目立たない箇所であらかじめ試してみてから掃除をするとよいだろう。

●風呂場
風呂場は石けんカスや水垢、カビなどの汚れがビッシリ!これらは市販の洗剤で落とすことができる。もしサビがある場合は、鉄分の汚れに強い漂白剤などを40度くらいの湯で薄めてサビに付着させる。15~30分ほど放置して、ブラシで軽く擦ると簡単に取ることができる。

●トイレ
トイレは水垢や壁、床、便器のふたの掃除が必要となってくる。まず、貯水タンクについた水垢は専用の洗剤で軽く拭き取る。壁や床は尿飛びで意外と汚れているため、腰より低い部分をウェットシートなどで重点的に拭くようにしよう。

退去前の掃除は大掃除並みになるので、たしかに面倒だ。しかし、いままでお世話になった物件へのお礼と思って最後にしっかり掃除して旅立つのも、新生活の良いスタートになるのかもしれない。もっとも、日常的にこまめな掃除を行っておくことが、忙しい引越し前に掃除をする手間を省く一番の近道。常日頃から掃除を行うことを心がけておきたいものだ。

前日の準備③近所への挨拶

「どうせ引越ししてしまうんだし、別に付き合いもそんなになかったんだから、挨拶はいいんじゃない」と心のどこかで思ってる人もいるのでは。引越し当日は、作業員がバタバタして騒音も立てるし、また、引越し後に不在票などが入るかもしれない。どんな場面でお世話になるか分からないので、隣人や貸主などへの挨拶はきちんとおこなっておきたい。

500円程度のクッキーや石けん、タオルなどの実用品などの手土産を持ち、引越しの1週間前くらい~前日までには挨拶を済ませておこう。引越しが終わってから挨拶しようと思っても、相手が外出しているなど、タイミングが合わない可能性も出てくるので、早めに挨拶しておくと安心だ。貸主には、引越し当日のダンドリや気をつけるべきことなどはないか?などを確認しておくとよいだろう。

前日の準備④引越し前日の準備

引越し当日の作業がスムーズにいくように、荷造りが第一優先。その一方で、前日には搬出のための準備も、抜かりなく行っておきたい。
当日まで使うもの以外は梱包し、数を確認

前日の夜と、当日に使用する身の回りものを除いて、ほかはすべて梱包を終わらせよう。当日まで引きずって引越し作業開始が遅れると、追加料金請求などトラブルにもなりかねない。また、荷造りが終わった段ボールの数も数えておこう。
冷蔵庫や洗濯機は水抜きを

冷蔵庫は中身をすべて出し、コンセントを抜いて、水抜きを。また、洗濯機も、水栓を閉めてから、手動で脱水し、水抜きしておこう。また、機器内に灯油が残っている場合は抜いておく、使わない照明器具は外して掃除しておくなど、最後の準備を進めよう。
普段は持ち歩かない高額の現金や、通帳・印鑑などの貴重品など、管理すべき荷物は多い。身につけて管理しやすいように準備しておこう。
必要な現金を準備しておく

引越し料金を当日現金精算する場合や、光熱費の精算をする場合など、まとまった金額の現金が必要になる場合がある。当日慌てて銀行やコンビニに走ることのないよう、あらかじめ確認して、前日までに準備しておこう。
貴重品や手まわり品の管理

引越し当日は家族以外の人が出入りするので、貴重品の管理には気を付けたい。小さなバッグに入れるなどして、常に身につけられるようにしておこう。また、引越しの移動の際に自分で持っていく手荷物も、ほかの荷物と一緒にならないようにまとめておこう。

一週間から三日までの準備①荷物の梱包

まず準備すべきは梱包資材。段ダンボールやガムテープ、荷造りひもだけでなく、[ワレモノ注意]や[下積厳禁]などのラベルがあれば、便利。食器などを包むために新聞紙などは最低1カ月分用意しておきたいところだ。

段ダンボール箱は引越し業者が「ガムテープ2巻、段ボール箱最大40枚まで無料」など、無料で提供してくれるサービスがあるが、実はこの無料サービスは既に見積もり料金に含まれていることが多い。もし手間をかけられるのであれば、この無料サービスを利用しなければ多少見積もり金額が安くなる場合も。

もし自分で段ボール箱を調達する場合に気をつけたいのは大きさ。大きすぎると、荷物を詰めすぎてしまったときに一人で運べない場合が出てくるので、荷造りしやすいように“中、小”の大きさの段ボールを選ぶといいだろう。

無計画に荷造りを行うと、引越しまでに何度も荷物を出し入れすることになって大変。そこでここでは荷造りにおいて守るべきことを挙げているのでチェックしてみよう。また、引越しは荷物の整理整頓をする絶好のチャンスなので、これを機会に不要なものは処分することもオススメだ。では、荷造りで守りたいことを箇条書きで紹介する。
荷造りで守りたいこと

1. オフシーズンのもの、使用頻度が低いものから片付ける
2. 詰める荷物の量は一人で持てる範囲内にする 
3. 重いものは下から詰める
4. 重いものは小さな箱へ。軽いものは大きな箱へ入れる
5. カーテンや洗面やお風呂、洋服、文具など、到着してすぐに使いたいものはスーツケースなどにまとめておく
6. テレビやダイニングテーブルなど、梱包が難しいものはどうするのか事前に引越し会社の担当者と相談をする。できればプロに任すのが賢明
7. エコパックなど、繰り返し利用できる梱包資材があれば利用する
8. 液体など、中身がモレると困るようなものはビニールに詰める

など、気をつけて荷物の梱包を始めよう
失敗の原因は
とにかく無計画に詰めてしまうこと。また、段ボールの側面に(1)通し番号 (2)どこの部屋に置くのか(3)荷物の中身などを書かずに詰めてしまうと、後でどこに何があるか分からなくなってしまうので注意。どこの部屋に置くべきかを書いておけば、引越しの際、引越し会社のスタッフが各部屋に荷物を配置してくれる。そうすれば、引越し後の大変な片付けも少しは負担が軽減される。

また、段ボールのなかに変な隙間などがあると、荷積みの際に崩れてしまったり中身が壊れてしまう危険性もあるので、新聞紙をはさみこむなどして十分に注意したいところだ。引越し会社もプロだから、破損には十分気をつけてくれるが、壊れてしまうと困るような高級食器などは、自分の手で別途運ぶと安心だろう。

一週間から三日までの準備②役所 警察への手続き

住民票の転出・転入届や国民健康保険の異動届、原動機付自転車の登録変更など、引越し時には役所でのさまざまな手続きが必要となる。「仕事があるので、平日の昼間に役所に行くのは無理」という人も少なくないだろう。ただ最近は、月に数回土日に窓口を設けていたり、引越しシーズンなどの期間限定で土日に対応を行っていたりする自治体もあるので確認してみよう。

平日であっても、曜日によって夜7時まで受付時間を延長しているところもある。市区町村によって対応が異なるので、現在住んでいる自治体、引越し先の自治体に問い合わせてみよう。
ちなみに住民票の転出手続きは引越し日の2週間前くらいから引越し先で転入届けを出す前、転入届は引越し日の14日後までに行う必要があるので要注意!

引越し時には、新住所にある管轄の警察署もしくは運転免許センターで、運転免許証の住所変更も行わなければいけない。けれども実は、運転免許証の住所変更手続きを怠ったとしても特に罰則はないのだ。

ただし、運転免許証を現住所の証明書代わりに使用できない、免許更新の連絡ハガキが旧住所に届いてしまう、免許更新手続きは旧住所にある管轄の警察署や運転免許センターで行わなければならない、などのデメリットがあることを覚えておこう。

また、車庫証明の手続きを行うのも警察署。申請をして取得するには警察署に2回足を運ぶ必要があるが、運転免許証の住所変更をする際に合わせて車庫証明の申請も行えば効率よく手続きが進められる。

一週間から三日までの準備③銀行 クレジットカード 保険

銀行からの各種お知らせを確実に受け取るためにも、引越し時には忘れずに銀行に「住所変更届」を出しておきたい。
多くの銀行では、インターネットバンキングで変更内容を記入して送信すればOKだ。ネットバンキングを利用していない場合は、電話で手続きを済ませる方法もある。一部銀行では窓口に出向く必要があるが、口座のある支店以外でも届け出はできるので、引越し後に最寄りの銀行支店で行っても大丈夫。

ただし引越し先に使っていた銀行の支店がない場合は、手数料の負担を軽減するためにも、口座を解約して新居の近くに支店がある銀行に口座を開くのがおすすめ。引越し前に、新居の近所にある銀行支店をチェックしておくと万全だ。

多くのクレジットカードの会員規約では、住所や氏名、電話番号の変更が生じた場合は速やかに届け出をする義務があると定められている。
請求書や各種通知が受け取れなくなると、お金の流れが把握できなくなるだけでなく、クレジットカード会社からの信用がダウンしてしまう危険性も。不要なトラブルを避けるためにも、速やかに住所変更を行おう。基本的には、インターネットや郵送で手続きができる。

クレジットカードの裏面に記載された電話番号に問い合わせをすれば、すぐに手続き方法を教えてもらえるだろう。あらかじめ利用クレジット会社などのサイトでネット会員の登録をしておくと、各種変更だけでなく個人情報の閲覧もできて便利。

引越したら、生命保険会社や損害保険会社にも住所や電話番号の変更を届け出る必要がある。
インターネットや電話で簡単に変更手続きができるところも増えているので、まずは自分が入っている保険会社のホームページをチェックしてみよう。生命保険に入っている場合は引越し後の変更でも遅くはないが、変更の届け出をしておかないと満期の連絡や「課税所得控除保険証明書」といった重要な知らせや書類が届かなくなるため、忘れずに手続きをしておきたい。

また、火災保険をはじめとする住居関連の損害保険も見直す必要がある。引越しで契約内容も変わるので、担当者に事前に相談し、まさかのときに保険金を受け取れなくなる危険性を回避しておこう。

一週間から三日までの準備⑥電気・ガス・水道の手続き

電気・ガス・水道に関しては、現住居での停止手続きと新居での開始手続きの両方が必要になる。ホームページから申請できるので、遅くとも引越し1週間前までに。また、オートロックの建物など、ガスの閉栓・開栓時に立ち会いが必要な場合もある。

引越しの際に忘れてはいけないのが、電気・ガス・水道の手続き。具体的には、現住所での利用停止手続きと新居での利用開始手続きが必要となる。
引越し直前は慌ただしくなるので、これらの手続きを忘れてしまいがちに。うっかりしているうちに、利用料を余計に支払わなければならなくなるケースもあるので気をつけよう。利用停止、利用開始ともに、手続きは1週間前には済ませておくのが理想だ。

ただし、利用開始にあたって係員の立ち会いが必要となるガスには注意が必要。春などの引越しシーズンは開栓手続きが混み合い、希望通りに予約を入れられないことがあるのだ。ガスの利用開始手続きは、余裕を持って2~3週間前に行うようにしよう。

電気は利用停止、開始ともに、東京電力や関西電力といった管轄の電力会社のホームページから手続きが可能。新居では、ブレーカーを上げるだけで電気が使用できるようになる。

ガスは、東京ガスや大阪ガスのようにホームページで手続きができるところが主流だが、ガス会社や使用ガスの形態によっては電話での手続きが必要に。また新居では、係員に立ち会ってもらっての開栓となる。

水道は、ホームページや電話で所轄の水道局に連絡をしよう。新居では蛇口を開くだけで使用できるが、水が出ない場合は元栓が開いているかを確認しよう。

電気・ガス・水道ともに、手続き時に「お客様番号」などが必要になるので、手元に検針表や領収証を用意しておくのがよい。

清算方法には、(1)今までに引き落とされていた口座からの継続引き落とし(2)新居へ請求書を送付してもらっての振り込み(3)引越し当日にメーターを確認に来た係員に現金で支払うの3パターンが主流。
引越し先の電力会社やガス会社、水道局がこれまでのところと変更になる場合や、会社や水道局によって清算方法が異なることがあるので、利用停止、開始手続き時に確認しておこう。

口座からの引き落とし、または新居へ請求書を送付してもらって振り込む場合は、家を引き払う際にメーターの数字をスマートフォンで撮影するなどして記録しておくとよい。こうしておけば、思ったよりも精算金額が高かった場合などのトラブルを防ぐことができる。